お知らせ
冬こそ気をつけたいヒートショック
最近特に注目されているヒートショック。
暖かい部屋から冷えた脱衣所や浴室、トイレに移動する時、急激な寒暖差によって血管が縮んで血圧が急上昇する、ヒートショックという現象が起こることがあります。血管や心臓は急激な温度変化による負担に弱いものです。ただでさえ気温が低下して血圧が上がりやすいこの時期、冬の過ごし方があなたの血管への負担をさらに大きくしてしまうのです。日頃の生活の中で、血管に負担をかけている状況が無いか、意識してみて下さい。



血管への負担を減らすには、生活習慣を見直すだけではなく、ヒートショックを防ぐことも大切です。

寒暖差による血圧上昇を防ぐために、脱衣所を含むお風呂場やトイレを暖めることが対策として挙げられます。

つまり、全館暖房で家中暖かいHIROSEの家は理想的ということです。



寒いうちに見学会・モデルハウスで冬の住み心地をご体感下さい。
ご来場お待ちしております。
ページトップへ