令和スタート10連休
今年のゴールデンウィークは改元で、初体験の10連休となりました。
永住を決意した模様の長女ファミリーの長男のカブトを届けねばという事もあり
見込みで予約した格安航空券がキャンセル不可と知った時には後の祭りで。
またもや??フライトしてしまいました。



今回、長女に仰せつかったミッションは 
記者のツレは友人の結構式に出席している間の子守り。
記者は収納内のタナ取付、地下室にあるゲストベッドルームの壁仕上げ
屋根裏収納室の入り口ドアの修理、ダイニングテーブルの引き出しの修理
あげくのはては、おもちゃのミシンの修理まで・・・
こちらから、電動工具や手回りの道具総重量22.9Kgを携えて出発。
JALの機内預けの荷物の上限が23Kgまでなので、ギリギリセーフ。

というわけで、到着後 ホームデポで材料を仕入れ



ソーイングにはまっている長女の大量の布生地の収納庫
写真の5倍はストックがありました。


ビフォア


アフター


ついでに、家に放置してあった古材を利用して、ガーデンテーブル製作に挑戦






ツレも全身防御でペインティング手伝い


完成と思いきや、ベンチの色が可愛くないという悪魔のような指摘。

またもや、ホームデポに行ってお気に入りの色の調色を依頼。
待つこと15分で完成。さすがDIYの国だわぁ。



再度、全塗装を・・・・


完成全景

製作に数日を要した力作ですが、
孫たちが一番喜んだのは リンゴの古木の水平樹を利用して
ホームデポで仕入れたロープを利用したブランコでした。






家主はおめかしをして友人の結婚式へ
その友人は10代最後の記念の日本への旅行で、拙宅に宿泊して
近くの和食屋で揚げたてのてんぷらにデリシャスを連発してくれた思い出があります。



行ってらっしゃーーい。
ママの手作りドレスを着るのが楽しみだったそうです。


シアトルという街を経験することで、日本の問題や課題がたくさん見つかります。
工事現場でよく利用するブルーシートは全く見かけません。養生には紙シートを使います。
大きなスーパーマーケットでも、紙製の袋でコンビニの白いビニール袋は全く見かけません。

ジャパン アズ ナンバーワンと言われた時代を経験した記者の世代は
世界一の経済大国であるアメリカは 効率第一主義で発展して地球環境をないがしろにして成長をつづけて来ているのではと、批判的な目でとらえているところはありましたが、中に入って過ごしてみると 全く違った面に出くわしたりします。環境保全やリサイクルも驚くほど積極的です。

やはり 残念ながら日本はバブル期の異常な成功体験を捨てきれずに、大きくハンドルを切れない政治家たちの手によって、確実に後進国への歩みを進めているような気がしてなりません。
 投票を年配者に任せ、政治の批判すらにも興味を失っている人が増えているようだと、
ますます、日本の将来は希望の無いものへと向かっていくことにならなければよいがと深刻に心配している。








一般  2019/05/31(Fri) 17:11:55
平成最後の・満開の桜
この書き込みをしている4月27日から、未体験の10連休という大型連休が始まりました。
いろんなところで『平成最後の』という冠が付きましたが、あと4日で『令和初の』が
連発されることになるでしょう。

今年の桜は開花後に気温の低下が続き、長い間楽しめました。
4月21日藤岡市近郊で 立派な樹の満開の桜を見つけた時はさすがにビックリしました。



いく平成とは
辛口の経済評論家が「昭和の遺産を食いつぶした時代だ」と言っているのを耳にしました。
また、ある方面では「戦争を経験しないで済んだ平和な時代だ」とも 忘れてはいけない災害もあったがと結んでいるところは、昨今のSNS炎上対策ではとうがった見方をしてしまいます。

昭和と平成を半分ずつ生きた記者は平成をどう総括したらいいのか、わかりません。
平成元年に起業し、バブルの最後の恩恵を少しだけ受け、バブル崩壊ももれることなく経験し、やっと体力が戻った頃に世界中を襲ったリーマンショック、何の恩恵も無かったような気がするITバブル、そしてその崩壊。
気が付くと 起業廃業の動きの激しい地域型住宅会社の中では『古豪』扱いになっています。と上毛新聞すみかくらぶの若い記者から言われたのが なにかとても気恥ずかしい想いです。令和の次の時代まで、生き延びてから言ってもらいたいものだ。記者は絶対に生きているはずだから。

日本が、総理大臣が日替わりメニューで、ボンヤリしている間に、アメリカを筆頭に先進国と呼ばれる国々は軒並み資産を倍増させているらしい。
長女のアメリカ人のムコ殿が、日本に見切りをつけたのは大正解かも知れない。

バラード地区に購入した家のメインストリート側エントランス


裏通りから入るガレージを抜けて家族用エントランス



引っ越し祝いでグランパ、グランマから届いたミニハウスを組み立て。



休日はファーマーズマーケットを散策、日本の朝市ですかね。

年配のストリートミュージシャン


有名なシーフードレストランの窓から臨むダウンタウン
シアトルの別名エメラルドシティーも納得かな。

安倍首相も訪れたらしく、ご夫妻の写真が飾られていました。


シアトルを離れる日に、タコマ空港近くのクチコミの評価の高いパンケーキレストランで最後の食事


言葉も通じない、車の運転も出来ない。ただの小柄な東洋人になって
日常の当り前が全く通用しない時間を持つことで、たくさん新しい発見が。

長い飛行時間がいやで12年ぶりに訪れたシアトルでしたが、
住宅の外観も、ホームセンターにある建築材料や工具類もワクワクさせるものばかり。
また、行きたくなってしまった。と言ったら、人使いの荒い長女が
「いろいろ、家の中で改造したい所があんだけど」と悪魔の誘いが・・・



一般  2019/04/27(Sat) 16:13:40
グーグルランチ ゲスト
長女の連れ合いのジョーが、グーグルの社員専用のビュッフェレストランがすごいので、ぜひ招待したいと言ってくれていたので、恐る恐る連れて行ってもらいました。







建物ごとに、いろんな部署のオフィスが入っていて、それそれの中に サンドイッチ系、ステーキ系、ハンバーグ系などのレストランがあって、その日の気分で 食べたい物をチョイスできるそうです。社員、社員家族は全部無料、日に何度でも無料だそうです。 
さすがGAFAもうかってんなー

 
ゲスト標を付けて、フードイン。


内部写真はNGなので、紹介できませんが すっーげー贅沢な内容です。
有名な品川Pホテルにはかないませんが、色とりどりの豆類とハンバーガーと鱸(スズキ)の焼いた物をいただきました。驚愕!!マクドナルドの100倍はうまい!

そーーとオフィスを案内してもらうと、ワーキングルームに隣接して、室内が真っ暗になっている仮眠室が、・・やはり、ITは脳が疲れるのかな?



運河に隣接したイングリッシュガーデンを男二人で散策。








海と湖の水面の高さが 3mくらい違うので2つの水門の間で高さ調整。
水門が無かったら、どうなるのだろうか?
水門がなかった昔は水面の差はどうなっていたのだろうか?
島国の日本ではありえない風景です。


これから 徒歩で1時間半、見るものがすべて新鮮であっという間に長女の住む家へ到着します。




シアトルの代表的な観光名所スペースニードルからの絶景




ゴールデンガーデン公園のサンセット


次号へつづくという事で。

予告篇


グリーンショップの池の鯉に夢中の3人目の孫のハヤト君です。


一般  2019/03/21(Thu) 09:32:14
シアトル民泊体験
米国のシアトルのダウンタウン(中心部)から少し郊外にあるバラード地区に滞在します。
このエリアは 区画がきれいに出来ている住宅街で、旧軽井沢に似ている雰囲気です。
400年前位からサケの良好な漁場として、ノルウエー人が開拓した地域とか。
まだ、アメリカ合衆国が出来る前だと思うと感慨深い。
日本では、徳川幕府が鎖国を決めて、世界から立ち遅れるきっかけを作った頃?


ホストハウス到着
1階ガレージ 2階LDK 3階に2ベッドルーム


いきなり、見慣れぬ物が
この家は Say Arexa  セイ!アレクサと話しかけて、いろいろコントロールするらしい。


左がArexaのマニュアル、右がケーブルテレビの番組表 チンプンカンプン








1階ガレージには遊び道具


イングリッシュガーデン風


バーベキューコンロ完備




楽しみにしていたホームセンター探索






大型ジュータン裁断機







フリーシンク、ビックリの価格

数字ロックキーもこの安さ



調理器具もビックリ価格

日本のマキタのコーナー

リョービも存在感

あまりのワクワク感に通算4度も行ってしまいました。

滞在記は3月号に続けます。

P.S.
三女の初産で5人目の孫が誕生しました。


一般  2019/02/27(Wed) 17:54:35
新年明けましておめでとうございます。
自宅近くの初日の出


一時間後には健康増進のため、こういう場所にいました。

逆光で判りづらいですね。スコアのほうはご容赦願います。

一年の計は元旦にあり、とすると少しまずいかも。
自宅では 記者は自由契約選手扱いです。
会社では 監督兼任選手ですが、エースと4番バッターが出現しつつあります。

今年も甲子園を目指して、無理なら箱根を狙って、来年の東京オリンピックに向けて??
社員一同、協力業者一同、心を一つにして『いい家』造りを励みたいと思います。

本年も、引き続きのご指導ご声援宜しくお願い致します。

2019元旦

一般  2019/01/01(Tue) 18:17:12
平成最後の師走
来年には新しい元号に変わります。
平成元年に創業して、平成の時代を全う致しました。
数々の心優しい建築主様、誠実な協力業者の皆さん、とても従順で逞しい当社スタッフに支えられ、大きな心配事も無く、感謝して30年目の年末を迎えることが出来ます。
とても、幸福感に満ちた年越しを味わっています。

年末に 最後の現場廻りで車を走らせていると、ほとんど新型車で、しかもピカピカに輝いている。昭和の終わり頃を思い出すと、錆びたボディや事故でへこんだ車も珍しくなかったが、今はほとんど見かけることが無い。やはり、この30年も国民生活は豊かになってきたという証明なのだろうか?

最近気になる事は、次々に発表される新型車のフロントの顔が『いかつい』と思う。
好まれるデザインが『いかつい顔』だとしたら、大変心配な事態だと思う。
あおり運転の挙句、懲役18年の刑を受けたならず者も、本人の資質だけの問題ではないように思うのは、間違っているのだろうか?小さなあおりは毎日のように見かける。

経済的には豊かになったが、人心の荒みは進んでいるということはないのだろうか。
核家族化が進んで、幼少期に年配者の話を聞く機会が減っているのも一因ではないか?


新しい元号が何になるのか、最近やたら取り上げられる画像がある。

この写真は官房長官の時の物で、のちに総理大臣になり、二千円札を発行した。

やはり、政治家は総理大臣になって、歴史に残りたいのだろうか。

古くは沖縄返還を成し遂げた佐藤栄作


国鉄民営化を実現した中曽根康弘


中国と国交正常化をした田中角栄


消費税導入を実現した竹下登


郵政民営化をごり押しした小泉純一郎


総理経験はないが自民党を下野させた小沢一郎


歴代の大仕事をした大物政治家たちも、毀誉褒貶の中にある。
しかし、根っこの部分に『民のかまどは大丈夫か』→飯が食えているかという意味
と言うのがあったような気がする。


安倍さんは モリカエの件で、忖度という難しい言葉を日本中に広めた。
執念にも近い憲法改正は、周囲の批判からか鳴りを潜め、今はロシアとの平和条約締結や北方領土2島返還実現に血道をあげているのだろうか?いや、あがいているかな。

何が何でも、歴史の残る政治家になりたいというのが見え隠れする。

新しい元号を迎える総理大臣として、問題山積の中ではあるが、しっかりと日本のかじ取りをしてくれることを期待したい。

弊社は 400軒近くなったHIROSEの家にお住まいの皆様が『あたたかい冬』を過ごしていただいていることを信じて、正直な家造りを全うして行きたいと結ばさせていただきます。






一般  2018/12/29(Sat) 16:47:44